小学生の英語教材おすすめ『アルク』の口コミや内容

人気英語教材でおなじみのアルクには

胎児から小学校入学前までのお子さん向けの教材があります。

「エンジェルコース」や「アルクの abc DVDボックス」の2種類で、

赤ちゃんの時から英語教育ができる教材です。

小学生になる前から始める方は、胎児から英語を聞かせている人が多いようです。

今回は、

『小学生の英語教材おすすめ『アルク』の口コミや内容』

として、

そんなアルクの教材の口コミや内容を紹介します。

小学生の英語教材おすすめ『アルク』の口コミや内容

198315

どんな教材か。

アルクの教材「エンジェルコース」には、テキストとCDが12枚付いています。

このCDは、3種類構成で、

マザーグースと遊び歌、

乳幼児がいる家庭の会話、

名作童話の読み聞かせになっています。

他には、モーツアルトのBGMもあり、

リラックス効果があるので落ち着いている時にかけるのがオススメです。

また、「アルクの abc DVDボックス」には、DVDが6枚付いていて、

見ることによって英語を学ぶことができます。

1話が12分と短いので集中して見ることができますし、

どのディスクから見てもいいので季節や行事にあったところを見るのもいいと思います。

教材の内容

エンジェルコース

1つ目の「エンジェルコース」は胎児から3歳までのお子さんの教材です。

CDを聞いて英語を音として理解します。

この教材の内容は、CDに3つのパートが収録されています。

歌に合わせて楽しく学べる「マザーグースと遊び歌」、

日常会話を聞くことができる「乳幼児がいる家庭の会話」、

白雪姫やシンデレラなどの「名作童話の読み聞かせ」

そしてBGMとして聞かせ、

リラックス効果があるモーツアルトの楽曲とCDによって内容が様々なので

気分によってCDをかけるのもいいと思います。

テキストを見ながらCDを聞くことができるので一緒に歌ったり、

会話の内容を読むことができます。

アルクのabcDVDボックス

2つ目の「アルクの abc DVDボックス」は

生後8ヶ月から6歳までのお子さんの教材です。

英語の音に意味があることを理解し始めます。

DVDに出てくるキャラクターの真似をしたり、

フレーズを繰り返したりすることで言葉の意味を理解していきます。

日本語がないのでキャラクターの表情から嬉しい、

悲しいなどの感情を読み取ります。

アルファベットのコーナもあるので文字の勉強や発音方法を勉強できます。

この2つの教材を年齢によって同時に使用することができるパックもあります。

体験者の口コミ

Sponsored Link

エンジェルコースの体験者の中には、

お腹にいる頃から教材を使っている人がいました。

心地の良い音楽や会話を聞いているうちにないように引き込まれていった。

家事をしながらBGMとしてCDをかけられるという口コミがありました。

他には、子供が生まれてからもCDをかけると気分が落ち着きますし、

音がなる方に興味を示すようになった。簡単な単語を話すようになったそうです。

アルクの abc DVDボックスの体験者は、

DVDをなんども見たいというようになった。

楽しみながら英語に触れることができた、

飽きずに続けられるなどの口コミがありました。

まとめ

アルクの英語教材の内容や口コミを紹介しました。

胎児から始めて小学生になる前まで続けているという人がたくさんいました。

お腹にいる赤ちゃんも音に反応したり、

生まれてからも英語を音として理解してくるのです。

ママさんも一緒にBGMとして聞いてリラックスしているというクチコミが多かったです。

子供に取っても親にとっても落ち着き、

英語を楽しく学ぶことができる教材だということがわかりました。

繰り返し聴くことで英語が身につきそうですね。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です