妊娠したい!低体温だと可能性は低い?原因や対策を知りたい

妊娠を考えている人は、基礎体温を計りますよね。

排卵日になる高温期の時期を把握する必要があります。

そこで気になるのが基礎体温を計ってみて、

基礎体温が低くいのが続いても妊娠できるのかということです。

Sponsored Link

今回は、

『妊娠したい!低体温だと可能性は低い?原因や対策を知りたい』

として、

低体温でも妊娠する可能性があるのかということや低体温の原因、

対策について紹介します。

妊娠したい!低体温だと可能性は低い?原因や対策を知りたい

39ae25b830c730d2c6aa41f3e1f9cfcf_s

低体温はどのくらいか。

低体温は基礎体温が低いことを言います。

低体温になると、手足は温かくてもても体内は冷えています。

一般的な基礎体温は、36~37度です。

36度以下になると低体温となります。

低体温の原因

低体温になる原因は、生活習慣が関係します。

痩せすぎていたり、冷たいものをたくさん食べる、

偏った食生活をおくっている、

喫煙、

薄着、

クーラーのあたりすぎなどたくさんあげられます。

他には、体温調整をする甲状腺ホルモンの分泌量が減ってしまうと

低体温になりやすいのです。

低体温になってしまうとおこること

低体温になっても、症状にはあまり出ません。

身体の内側が冷えてしまうと、

疲れやすかったり、

病気になりやすい、

血液の流れが悪くなり、

むくんだり、

腰痛になりやすいと言われます。

漫性的なものなので低体温の人は気が付きにくいです。

低体温でも妊娠する可能性はあるのか。

低体温でも妊娠する可能性はありますが、妊娠しづらいと言われています。

その理由は、低体温だと酸素の働きが低下し、

子宮周辺の血液の流れが悪くなってしまい、

子宮の働きや免疫力が低下します。

そうすることで排卵が上手くいかなかったり、

妊娠を継続する準備ができないのです。

また、低体温の人は基礎体温の上下幅が狭いので

高温期に入ったかどうかがわかりづらいです。

そして排卵日を見過ごしてしまうことがあります。

低体温の改善法とは。

Sponsored Link

低体温を改善するには、生活習慣を見直す必要があります。

一つ目は食生活の改善です。

痩せすぎや偏った栄養バランスを改善するために、

栄養バランスのとれた食事をすることが大切です。

特にビタミンEが豊富な食材、

ナッツ類や魚介類、

緑黄色野菜には毛細血管を強くしたり、

血管を拡張させて血液の流れを良くする効果があります。

他には、レンコンやゴボウなどの根菜類、

しょうがなど身体を温める働きがあるものを食べましょう。

二つ目は、運動を習慣づけることです。

筋肉量が少ないと低体温になりやすくなります。

ストレッチやジョギング、ウォーキングなど

簡単な運動から行いましょう。

運動が苦手な人は普段から姿勢を気をつけるといいでしょう。

三つ目は、ストレス解消することです。

ストレスを感じると体内の血管が収縮して筋肉が硬くなります。

そうすると血液の流れが悪くなることで低体温になってしまいます。

できるだけストレスをためないようにし、

解消する必要があります。

趣味を楽しむなど自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。

まとめ

低体温でも妊娠できる可能性はあるのかということをまとめました。

低体温の人が妊娠できる可能性は低いとされますが、

妊娠できないわけではありません。

妊娠を考えている人は低体温を改善する必要があります。

生活習慣を見直して妊娠しやすい身体にしましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です