赤ちゃんの体温が低い(低体温)の時の対策や原因を知りたい

赤ちゃんの体温は大人よりも高いので抱っこしていると温かいですよね。

しかし、大人よりも平熱が低く、

手足が冷えているときもありますよね。

この状態を低体温といい、

大人の冷え性のようなものなのです。

Sponsored Link

今回は、

『赤ちゃんの体温が低い(低体温)の時の対策や原因を知りたい』

として、

赤ちゃんの体温が低い原因や対策についてまとめます。

赤ちゃんの体温が低い(低体温)の時の対策や原因を知りたい

6ff99be1d0db36f82ce6ae7d5d6fc9ab_s

赤ちゃんの低体温は何度か。

赤ちゃんの体調を知るためにも体温を測ることが大切です。

体調は変化しやすいので体調管理をしっかり行いましょう。

低体温になると風邪や病気になりやすいです。

赤ちゃんの様子を見てみましょう。

新生児や赤ちゃんの体温は36.5~37.5度の間で大人よりも高いです。

しかし、36度以下になった状態を低体温といいます。

低体温の状態が続いてしまうと赤ちゃんは、

体温を元通りにしようとして体力が落ちてしまう恐れがあります。

低体温になると、消化機能が正常に働かなかったり、

自律神経の乱れや発育にも影響します。

低体温になってしまう原因とは。

低体温になってしまうのは理由があります。

赤ちゃんは自分で体温調整ができないので

外の環境に体温が左右されやすいです。

暑い場所では体に熱がこもり体温が上がります。

寒い場所では熱が奪われるので体温が下がってしまいます。

低体温になる原因は、

夏の時期のエアコンや扇風機などの冷たい風によって

室内が冷えてしまうことで赤ちゃんの体の熱が奪われてしまいます。

また、冷たい飲み物をたくさん飲むことや

汗をかいた状態を放置することも体を冷やす原因になります。

体温がうばわれないためにもで気をつけましょう。

生活リズムの乱れも挙げられます。

起きる時間や朝ごはんの時間も遅くなることで規則正しい生活が

送れなくなるので自律神経が乱れてしまいします。

生活リズムをよく知るためにも朝起きる時間を同じするなど工夫しましょう。

低体温の対策法とは。

Sponsored Link

低体温にならないために熱を奪わないようにすることが大事です。

一つ目はエアコンや扇風機の風を直接当てないことです。

風に当たり過ぎると体温を奪ってしまいます。

室内の温度を調整するためにつけるのはいいですが赤ちゃんが直接当たらないように

角度や風量が変わらないようにしましょう。

二つ目は、汗をこまめに拭き取ることです。

汗をかくことは体温を下げる働きがあります。

そのままにしておかとたくさん熱を奪ってしまいます。

汗を拭く他に吸水性のある服を着せてあげる、汗をかいていたら服を取り替えましょう。

他には、寒い時期の窓や壁に床など冷たくなりやすいところから

離れた場所に布団を引くことや冷たい飲み物や食べ物のあたえすぎるのは

体の内側から冷えてしまうので温度計を近くに置くなどして室内の温度を良く見ましょう。

まとめ

赤ちゃんの低体温の原因や対策についてまとめました。

赤ちゃんが低体温になる原因はたくさんありました。

自分で体温調節が出来ないので室内の温度を調整したり、

汗を拭き取る、

着せる服の枚数を増やす、

減らす、生活リズムをを整えるなどの工夫が必要になります。

体温が低いと感じたらケアしてあげましょう。

それでも戻らない場合は病院を受診しましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です