子供の高熱が続く原因は?考えられる病気を今すぐ知りたい!

子供はよく熱を出すと言いますよね。

高熱が続いたり、熱が長引くと心配になります。

3日以上、5日以上高熱が続くのには何か原因があります。

Sponsored Link

今回は、

『子供の高熱が続く原因は?考えられる病気を今すぐ知りたい!』

として、

高熱が続く原因や熱による病気についてまとめます。

子供の高熱が続く原因は?考えられる病気を今すぐ知りたい!

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

高熱が続く場合の原因や病気とは。

子供の熱は、

37.5以上が発熱、

38.5以上を高熱と言います。

風邪の場合3日以内に熱が下がります。

3日以上続く場合は、病気の可能性などの原因があります。

1つ目の原因は、突発性発疹です。

赤ちゃんの場合、

生後6ヶ月頃に突然発熱することがあります。

高熱は3から4日程度で下がります。

高熱が下がったあとは身体中に発疹が出てきます。

発疹により、痒くなるので不快になりぐずってしまうことがあります。

3日以上の高熱がなくても発疹が出る場合は、突発性発疹かもしれません。

2つ目は、喉や口の痛みがするヘルパンギーナです。

子供の夏風邪と言われているヘルパンギーナは、

強い喉の痛みがあります。

高熱は、2から3日続くことがあり、

高熱が収まると水ぶくれのようなぶくぶくしたものが口内にでき、

口蓋垂に炎症がでます。

3つ目は、水疱瘡です。

熱が下がると水ぶくれが身体中に出てきます。

強いかゆみがあるのでお子さんがかかないように気をつけてください。

掻くことで傷があとが残ったり、他の部分に移ってしまう可能性があるからです。

病院で処方された塗り薬を塗りましょう。

高熱が5日以上続く場合の病気

子供の高熱が5日以上続く場合は、危険な病気の恐れがあります。

一つ目は、川崎病です。

高熱が続いて全身の血管やリンパが炎症を起こします。

高熱の他に舌が真っ赤になりブツブツが出来るイチゴ舌や

手のひら、

足の裏の赤み、

首元の腫れなどの症状が出るので確認してみましょう。

2つ目は、肺炎です。

肺炎は、風邪のウィルスが肺に入ることで起こります。

痰が混じった咳が出ます。

咳の音や呼吸音が普通の席と異なるのでよく聴いてみましょう。

高熱が出て呼吸がしづらくなるので呼吸困難になることもあります。

3つ目は、インフルエンザです。

インフルエンザは、1週間ほど高熱が続きます。

高熱が長引くので体力が消耗しやすいです。

この病気は長い期間続くので水分補給は欠かせません。高

熱が長引くようでしたら検査をしてもらい薬を処方してもらいましょう。

高熱が出た時の解熱剤の使い方

Sponsored Link

高熱が出た場合、

心配で解熱剤を使って楽にさせてあげたいと思いますよね。

しかし、解熱剤を使うと病気を長引かせてしまったり、

もっと危険な状態にすることもあるので

解熱剤はすぐには使わないようにしましょう。

また、市販の解熱剤を使用する人がいますが、

市販のものは、解熱作用は弱いと言われています。

解熱効果を得るためには、

病院で処方したものを使うことをお勧めします。

しかし高熱が続いて眠れない場合は、

病院で処方してもらった解熱剤を使用しましょう。

一時的ですが熱が下がることで少し楽になるかもしれません。

まとめ

子供の高熱についてまとめました。

子供の高熱が3日以上続く場合は、

突発性発疹やヘルパンギーナの可能性があり、

5日以上続く場合は、川崎病や肺炎、インフルエンザの可能性があります。

子供の体調や体の変化などをよく観察して早めに病院を受診しましょう。

また、高熱が続く時に解熱剤を使う場合は、

すぐに使うのではなく、病院で相談してみましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です