赤ちゃんの手足が冷たい!紫に変色してる!原因や対処法は?

赤ちゃんに布団をかけてもはいでいたり、

手足が布団から出ていることがありますよね。

そんな時、手を触ってみると冷たい時があります。

手足が冷たいともしかして寒いのかなと心配になる人が多いと思います。

その他に紫色になっている時もあります。

紫色に変色することには原因があります。

Sponsored Link

今回は、

『赤ちゃんの手足が冷たい!紫に変色してる!原因や対処法は?』

として、

赤ちゃんの手足が冷たく、紫色に変色する原因や対処法を紹介します。

赤ちゃんの手足が冷たい!紫に変色してる!原因や対処法は?

88559312e47fb800aac3b7fe43c57a19_s

赤ちゃんの手足が冷たい理由

赤ちゃんの時は、自分では体温調節はできませんよね。

周りの環境で気温が上下すると体温も上下します。

気温が低い場所では、

赤ちゃんは大人に比べて皮下脂肪が少ないので熱がたくさん逃げてしまいます。

そうすることで低体温症になってしまいます。

低体温症にならないためにも赤ちゃんは、

防衛本能として手足を冷やして体温を調整します。

手足を冷やすことで体の中の熱を体の中心に集めて熱を逃がさないようにしているのです。

手が紫色に!

手足が紫色に変色していたら心配になりますよね。

紫色に変色する原因は、

末端の毛細血管が縮んでしまい、手足の血液の流れが悪くなるからです。

しかし、適切な室温の環境であれば心配する必要はないのです。

布団や毛布をかけても手足が出てしまう理由は、

暑い時に手から熱を逃がし、寒い時は、手の血管を縮めているのです。

手足が冷たくても寒いわけではなく、

風邪をひくこともないのです。寒そうだからといって

ミトンや手袋をつけてしまうのは良くありません。

その理由は、手足を覆ってしまうと体温調節が上手にできなくなってしまい、

冷え性になってしまいます。

赤ちゃんの手足が冷たい時の対処法

赤ちゃんの手足が冷たい対処法は、

まず手足の他に体も冷えているかどうか確認します。

1つ目 身体は冷たいか

体が冷たくない場合は、手足が冷たくても大丈夫です。

体が冷えてしまっている時は、

唇が青くなったり、

顔色が悪くなっているので赤ちゃんの様子をよく見ることが大切です。

2つ目 汗をかいているか

次は、赤ちゃんが汗をかいている場合です。

その場合は、服を着せたり脱がせたりして調節しましょう。

手足を温めすぎてしまうと悪影響が出てしまいます。

手が冷たくても服を着せすぎたり、

布団をたくさんかけてしまうと体温調節ができなくなりますし、

体温も下がらなくなります。

3つ目は、室温を調節することです。

赤ちゃんにとって快適な室温は、

夏場は26度から28度、

冬は、18度から23度で、

湿度は、40%から60%です。エアコンで調節しましょう。

室温が適切で赤ちゃんの体温が36度台の場合は、

手足を出したままでも大丈夫です。

また、乾燥しやすい場合は、加湿をしましょう。

赤ちゃんの手足には、刺激が必要

Sponsored Link

赤ちゃんは、

手や足でたくさんのものに触れて脳細胞や感覚機能を発達させます。

靴下やミトンをつけることで素手や素足で

刺激を受けることができなくなってしまいます。

ですから、手や足は、靴下やミトンをつける必要がありません。

外出する際には、靴下を履かせましょう。

まとめ

赤ちゃんの手足が冷たい時の対処法や紫色に変色する原因をまとめました。

赤ちゃんの手足が冷たいことは熱を逃がしているためなので心配はいりません。

もし体も冷えている場合は、部屋を温めたり、服を1枚着せてあげましょう。

布団に入っている場合は、靴下や手袋は必要ありません。

外出する際は、靴下を履かせてあげましょう。

体温調節がうまくできない赤ちゃんのために

室温は赤ちゃんにとって快適な温度にしましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です