育児給付金を自分でしっかり計算して損しないように対策する

育児給付金の条件は?支給日や申請方法を知ってしっかり受給

育児給付金の申請方法をしっかり伝授!申請忘れたら貰えない?

育児給付金は退職した場合でも受給できるの?返納もある?

働く女性が妊娠、出産した場合に必要なのが産休や育休です。

産休や育休を取っている時にはもらえる手当というと

育児給付金が挙げられますよね。

人任せにせず、

自分で計算することで損をせずに済みます。

Sponsored Link

今回は、

『育児給付金を自分でしっかり計算して損しないように対策する』

として、

育児給付金の計算で損をしない対策法についてまとめます。

育児給付金を自分でしっかり計算して損しないように対策する

e783c0b227dc49dc85942fbd25baae04_s

産休、育休中にもらうことができる手当

産前、産後の休暇は、

労働基準法第65条に定められている母性保護規定なのです。

産休や育休中の手当について紹介します。

産休中の手当には2種類あり、

出産手当金と出産育児一時金があります。

産休とは、出産以前42日から出産後56日間のことを言います。

1つ目、出産手当金

産休中もらえる出産手当金は、

仕事を休んでお給料をもらうことができなかった日数分が支給されます。

1日あたり標準報酬日額(平均的な月給額を30で割った日割りのお給料)

の3分の2の金額が出ます。

2つ目は、出産育児一時金です。

出産するときは、

保険がききませんので費用は全額自己負担となります。

負担を減らすためにも出産育児一時金があるのです。

この手当の金額は、

産科医療保障制度に加入している産婦人科で出産した場合

子供1人当たり42万円が出ます。

加入していない場所では39万円が出ます。

次に育休中の手当についてです。

育休中に出る手当は育児休業給付(育休手当)と言います。

出産手当の支給が終わると育児休業給付金の支給の期間になります。

育児休業給付の支給を受けるには、

育休開始前2年間のうち雇用保険に入っていた期間が

12ヶ月以上であるという条件があります。

支給額は、

育休開始から6ヶ月間は月給の67%

7ヶ月目からは月給の50%となります。

育児休業給付をもらえる時期は、

申請した時期のよって異なります。

2ヶ月ごとに2ヶ月分が支給されます。

ちなみに支払い制度が2つあり、

直接支払制度か、受取代理制度というものがあります。

会社で行ってくれる場合は、いいですが個人で行う場合は、

期限があるのでよく見てから手続きをしましょう。

産休、育休手当の計算方法

Sponsored Link

1つ目は、出産手当金の計算方法です。

まず、日給を出します。

月給÷30=日給 次に日給を当てはめ、出産手当の金額を出します。

日給×3分の2×産休で休んだ日数=出産手当金

例えば、月給が25万円の人の場合日給は約8333円となります。

25万円÷30=約8333円

日給を出して出産手当金を出します。

8333×3分の2×

98(産休42日+育休56日)

=54万4390円

2つ目は、育休手当の計算方法です。

1ヶ月あたりの手当の金額は育休開始から6ヶ月間は、

月給×67%

育休7ヶ月目から1歳の誕生日までは、

月給×50%となっています。

きちんと計算をしていれば損することなく手当を貰うことができます。

育児給付金をきちんともらうためには、

月給や日給を把握し、計算で支給される金額を出しておきましょう。

まとめ

今回は、育児給付金についてまとめました。

産前、産後も支給されるのは働くママさんにとって嬉しいことです。

働くママさんで子供が欲しいと考えている人は、

実際に、金額を出してみると支給されることになった時に

をせずに貰うことができると思います。

金額などを確認しましょう。

Sponsored Link

育児給付金の条件は?支給日や申請方法を知ってしっかり受給

育児給付金の申請方法をしっかり伝授!申請忘れたら貰えない?

育児給付金は退職した場合でも受給できるの?返納もある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です