育児給付金は退職した場合でも受給できるの?返納もある?

育児給付金の条件は?支給日や申請方法を知ってしっかり受給

育児給付金を自分でしっかり計算して損しないように対策する

育児給付金の申請方法をしっかり伝授!申請忘れたら貰えない?

 

妊娠して育児休暇を取り、

育児休暇後に復職しようと思っても、

育児と仕事を両立するのが大変だったり、

自分の体調が良くないので退職を考える人もいると思います。

そんな時に気になるのが退職しても育児給付金を受給できるのか、

返納もあるのかです。

Sponsored Link

今回は、

『育児給付金は退職した場合でも受給できるの?返納もある?』

として、

育児給付金と退職についてまとめます。

育児給付金は退職した場合でも受給できるの?返納もある?

e783c0b227dc49dc85942fbd25baae04_s

育児休業給付金について

育児休業給付金は、雇用保険に加入している人が、

子供が1歳になるまで育児休業を取った時に支払われるものです。

パパママ育休プラス制度を利用する人は、

1歳2ヶ月までや保育所に申し込んでいて1歳を過ぎても

保育園に入れることができない場合など理由であれば、

1歳6ヶ月まで延長することができます。

受け取れる期間は、

産後8週間から1歳の誕生日前日まで取得した場合には、

育児休業給付金の支給はその前日まで受け取ることができるのです。

受け取ることができる額は、

育児休業開始日から6ヶ月目までは、月給の67%、

それ以降から休みの最終日までは月給の50%です。

育児休業開始前6カ月の間に支払われた金額を180で割っているので

収入が多いと育児休業給付金も多くなります。

しかし、上限額があるので注意しましょう。

育児休業給付金の返納について

育児休業給付金を受給中に職場復帰しないで、

退職する人もいます。

この場合は、

育児休業給付金を返納したり、

免除となった社会保険料を支払う必要はありません。

育児給付金を受給中に退職した場合、

いつまで給付金がもらえるのでしょうか。

育児休業給付金は、

育児休業が始まった日から1ヶ月ごとに支給されます。

ですので退職日の前月の支給対象期間まで支払われることになります。

しかし、退職日を含む支給単位期間は支給されないのです。

例えば、

5月5日に出産をして産後休暇が5月6日から6月30日まで、

育児休業期間が7月1日から5月4日までの場合、

育児休業給付金を受給できる期間は、

7月1日から5月3日までとなります。その間に退職したとします。

4月29日に退職した場合、

受け取ることができるのは3月31日分まで、

4月30日に退職した場合、受け取ることができるのは、

4月30日までの分です。

5月1日に退職した場合は、4月30日までの分になります。

このように退職日が1日異なると受け取ることができる分が変わってきます。

退職日は、育児給付金の支給期間をよく見て考えましょう。

育児休業給付金の受け取り

Sponsored Link

育児休業給付金の受け取りは、

ハローワークに申請することでできます。

提出しなければならない書類がたくさんありますので

会社から手続きを行うことをお勧めします。

申請には期限があり、

初回の申請は、

育児休業が始まった日から4カ月経つ月の末日までに

必要な書類を提出しなければなりません。

それ以降は2カ月ごとの申請が必要になります。

まとめ

育児休業中に退職した場合、

育児休業給付金を受給できるかをまとめました。

既に受け取った育児休業給付金については返納する必要はありません。

退職日によって給付金が受け取れるかが変わります。

退職日を含めた期間の一つ前の支給対象期間まで

という決まりがあるので退職日が1日違うだけで受け取れないこともあります。

ですので退職日は決める際には、よく考えてから決めましょう。

Sponsored Link

育児給付金の条件は?支給日や申請方法を知ってしっかり受給

育児給付金を自分でしっかり計算して損しないように対策する

育児給付金の申請方法をしっかり伝授!申請忘れたら貰えない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です