育児給付金の期間延長が可能!手続き方法や申請書類を伝授!

『あるところに、

子供を出産し、育児休業中の方は、

育児給付金の受給している人がいました。

お子さんが1歳になったら職場復帰する予定でしたが、

できなくなってしまいました。』

その場合期間の延長は可能なのか心配ですよね。

Sponsored Link

今回は、

『育児給付金の期間延長が可能!手続き方法や申請書類を伝授!』

として、

育児給付金の期間延長の手続きの方法や申請書類について紹介します。

育児給付金の期間延長が可能!手続き方法や申請書類を伝授!

e783c0b227dc49dc85942fbd25baae04_s

育児給付金の期間延長が認められる要件とは。

育児給付金の支給は、

子供の1歳の誕生日を迎える前の日までと言われています。

しかし一定の要件に当てはまる場合は、

1歳6ヶ月(最大で6ヶ月)になるまで延長することができます。

その要件とは、保育所に入れようと思っているが、

入ることができない場合や、

子供の養育を行っている配偶者が養育をすることができなくなった場合です。

期間延長の理由が保育所に入れないという人がたくさんいます。

育児休業給付金の延長をしてもらうためには、

保育所の入所ができないという証明をハローワークに提出しなければなりません。

提出しなければならない書類とは、

入所不承諾証明書、

入所申込書の写し、

その他ハローワークに提出しなけれならない書類です。

これを子供の誕生日の前の日までに申し込みが必要です。

ちなみに無認可保育園や自治体が独自で認可している保育所は対象になりません。

保育所に入園を希望する場合

入園の申し込みで気をつけることは、

入園手続きは月単位で行われています。

仕事を復帰する日が10月中旬だったとすると

10月からの保育園の入園を申請する必要があります。

入園の申請は、

前月の10日までが締め切りなので入園申請は早めに行わなければなりません。

6月生まれのお子さんの場合に6月初句に申し込みに行ったとします。

しかし、6月に申し込んだ場合は、

7月1日からの入園となるので6月生まれのお子さんは、

誕生日の前日の時点で保育園に入れない

という書類を出しても意味がありませんのでこの場合は、

6月1日からの入園に申し込む必要があります。

Sponsored Link

要するに5月中に手続きをする必要があります。

役所によって締め切りの日が異なるので事前に調べておきましょう。

保育園の入園時期は、

4月から6月が多いです。

毎月途中入園を受け付けているところもありますが、

たくさんの人数は受け付けすることができません。

特に1月から3月の年度末には、

入園の申し込みを行っていないところがあります。

3月から入園させたくても順番待ちや待機児童がほとんどと言われるところばかりです。

なのでその月は避けたほうがいいですね。

中には、保育園に入れる必要はないが、

育児休業給付を延長するために保育園に申し込みをする人もいます。

その場合は、保育園に入ることができると給付金の延長ができないので

入れないことを祈る人がいるようです。

どうしても保育園に入れたい人がいるのでその人たちを優先的にしてもらいたいですね。

まとめ

育児給付金の延長についてまとめました。

延長できるのは1歳6ヶ月までと言われています。

しかし、保育園に入ることができないことが条件です。

時期によって順番待ちのところもあると思いますが、

早めに申請をし、誕生日の前日の時点で保育所に入れることを祈りたいですね。

保育園の入園の申し込みの時期を確認し、申請をしましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です