自閉症かも?子供の行動を診断テストでチェックしてみましょう

子供の行動を見てもしかすると

自閉症かもしれないと思ったことはありませんか。

そこで子供の行動を診断テストでチェックすることで

自閉症かどうかみつ頃ができます。

Sponsored Link

今回は、

『自閉症かも?子供の行動を診断テストでチェックしてみましょう』

として、

自閉症の診断方法について紹介します。

自閉症かも?子供の行動を診断テストでチェックしてみましょう

bc76e0453907c8658f9f0a754aea2584_s

自閉症の特徴は?

自閉症の特徴は、

人と目を合わせることができずに

人と関われないことや

オウム返しをしたり、

言葉の発達の遅れなどコミュニケーションが取れないこと。

目的もなく走り続けたり、

限られた行動や習慣や興味があるものにこだわりを持つこと、

意思疎通ができないこと、

そして慣れないことをした場合や、

混乱した場合にパニックを起こしてしまうなどがあります。

自閉症の診断について

自閉症の正確な判断ができるのは早くても3歳です。

アメリカでは早期発見を重視しているため1歳半での診断になります。

自閉症の可能性を確かめるための診断テストの方法を紹介します。

まずは、

言語の検査です。

専門医が直接コミュニケーションをとり、

学習障害やコミュニケーション能力を見ます。

2つ目は、語彙の発達検査です。

語彙能力や言葉の理解度を見ます。

3つ目は行動の検査で新生児期の社会的能力や行動を見ます。

4つ目は、発達に関する検査で日常生活を観察し、

発達の進み具合を見ます。

5つ目は、絵画や語彙発達の検査です。

語彙の理解度や絵を見せて名前を答えたり、

言葉を絵にする検査です。

では、自閉症と診断される行動とはどのようなものなのでしょうか。

自閉症と診断される行動

家族がいなくても泣きもせず、

一人でいることや名前を呼んでも振り向かない、

表情が少ない、

触れられるのを嫌がったり、

視線が合わない、

2歳を過ぎても言葉がほとんどでない、

人やテレビの動作の真似をしない、

手のひらをひらひらさせたり、

鳥が飛ぶ時のように手をパタパタさせる、

周囲に関心がなく一人遊びをしたり、

友達に興味がない。

ある動作や遊びに飽きもせず執着することや突然笑い出したり、

泣き出したりする。

特定のものや初めての場所を非常に怖がる。

自分の手でものを取らずに人の手を使って取らせる。

自分の思い通りにならないとかんしゃくを起こす、

体を前後にゆすったり、横にゆすったりする。

会話をする時にオウム返しになることが多いなどです。

これらは例ですが、

3つの特性が揃っていることで診断されます。

278f3229942f9c1c1bbfc4266dbcbb2c_s

社会性の障害

社会性の障害の場合、

空気を読む事が苦手と言われています。

本人には悪気はないのですが、

その場の空気に合わない発言をしてしまい常識がないと思われるのです。

表現が難しい

自分の気持ちを表現する事が難しく、

相手の考えていることも読み取れないそうです。

コミュニケーション能力

Sponsored Link

コミュニケーション能力の場合は、

話さなかったり、

カタコトでしか話せないなどを言います。

言葉の使い方が少し変わっていたり、

使うタイミングがあまりわかっていないなどがあります。

他には、声から感情を読み取る事が出来なかったり、

想像力の障害では、

相手の気持ちを想像することができません。

他には、

1つの方法を身につけても応用する事が出来ない事が挙げられます。

予定が少しでも違うと不安になってしまうのです。

まとめ

自閉症の診断テストについて紹介しました。

子供が自閉症かもしれないと思った場合は、

子供の行動をチェックしてみましょう。

自閉症の特徴はたくさんあるので当てはまっても当てはまらなくても

あくまでも例もの当てはまっているからといって自閉症とは限りません。

子供の行動をよく観察しましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です