自閉症スペクトラム障害の『従来型自閉症』の特徴や症状とは

自閉症スペクトラムを知っていますか。

聞き慣れない名前だと思う肩のほうが多いと思います。

最近になり、

少しずつ自閉症スペクトラムに対して理解されるようになりました。

Sponsored Link

今回は、

『自閉症スペクトラム障害の『従来型自閉症』の特徴や症状とは』

として、

自閉症スペクトラムの特徴や症状、対応方法について紹介します。

自閉症スペクトラム障害の『従来型自閉症』の特徴や症状とは

bc76e0453907c8658f9f0a754aea2584_s

自閉症スペクトラムとは。

自閉症スペクトラムでは、

他者への関心があるか、

コミュニケーション能力が高いか低いか、

知能指数が高いか、

低いか

で自閉症を分類されていて

知能指数が低いことを低機能自閉症(カナー型自閉症、カナー症候群)といい、

知能指数が正常なことを高機能自閉症(アスペルガー障害、アスペルガー症候群)

といいます。

他には、

自閉症障害、

高機能障害、

レット症候群、

小児崩壊性、

アスペルスが症候群などの広汎性発達障害を言います。

これらの中でもアスペルガー症候群や自閉症障害が挙げられます。

自閉症にも幾つかタイプがあり、

従来自閉症や高機能自閉症、サヴァン自閉症があります。

自閉症スペクトラムの特徴

278f3229942f9c1c1bbfc4266dbcbb2c_s

従来型自閉症は、知的障害が伴うもので知的機能が伴います。

知能指数に数字がIQ70以下の場合、

知的障害と診断され、

一般的な人達よりも少しだけ勉強や生活面など遅れがあるのです。

そして高機能自閉症は、知的障害が伴いません。

IQは知的障害と健常の間だったり、

ずば抜けて良かったりする人もいます。

中枢神経に何らかの要因による機能不全があり、

コミュニケーションが困難でうまく社会と生活ができないと言われています。

サヴァン症候群は、

コミュニケーションが困難で知的障害もありますが、

特定の分野や知的能力において優れた能力を発揮する自閉症群です。

従来型自閉症について

Sponsored Link

従来型自閉症は昔、

カナータイプと言われている知的障害を伴う自閉症でIQが75以下であり、

同年齢の人と比較すると言葉の発達や理解度が低く、

手助けが必要となる状態です。

知的障害のレベルは、

IQ35未満で重度、

35から50が中度、

51から70で軽度とされています。

症状として他者との情緒的接触の欠如や物事をいつも同じままにしておこうということ、

ものに対する関心と器用に扱うこと、

オウム返しや他の人にはわからない言葉を使うこと、

知的な顔立ちやカレンダーの計算などの特殊なことができることが挙げられます。

他には、同じ言葉をずっとつぶやく、

話しかけても表情が変わらずに無視する、

計算や暗記はできても人の感情を読み取ることができない、

行動の制止が効かない、回るものを飽きずにずっと見ているなどの症状もあります。

抱っこしても反り返ってしまうことやあやしても笑わない、

強いストレスを受けるとパニックを起こしたり、

大声を上げることもあります。

まとめ

自閉症は先天性の脳の機能障害です。

知的で端正な顔立ちをしていて、

赤ちゃんの頃に手もかからない、

ママがあやしても笑わないことや視線を合わせることもないのです。

後追いをしなかったり、

独自の遊びをしたりします。

こだわりが強いこともあり、

得意なことはものすごく伸びて大人に負けないくらいになります。

自閉症の特徴や症状は早期発見が大切です。

心配な方は、病院で診てもらいましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です