自閉症スペクトラム障害『サヴァン症候群』の特徴や症状とは

自閉症には種類があります。

自閉症スペクトラム障害の中でも

「サヴァン症候群」

というものを聞いたことがある人はすくないでしょう。

では、サヴァン症候群にはどのような特徴があるのでしょうか。

Sponsored Link

今回は

『自閉症スペクトラム障害『サヴァン症候群』の特徴や症状とは』

として、

サヴァン症候群の特徴や症状についてまとめます。

自閉症スペクトラム障害『サヴァン症候群』の特徴や症状とは

bc76e0453907c8658f9f0a754aea2584_s

サヴァン症候群とは。

サヴァン症候群とは発達障害や知的障害がある人が

ある特定の分野において驚異的な能力を持つ状態のことを言います。

1887年に、J・ラングドン・ダウン博士によって

「イディオ・サヴァン(天才的白痴)」と名付けられました。

イディオはフランス語で白痴、

サヴァンは賢い人という意味があります。

白痴は重度の精神遅滞を示しますし、

愚かやばかという意味もあるのでイディオという言葉は使わずに

サヴァン症候群と呼ばれるようになりました。

この能力は、ランダムな年月日の曜日を言えることや、

見たものを記憶して写真のように詳細に絵を描くことができたり、

書斎の内容を1回読んだだけで完璧に記憶することができる、

楽譜が読めなくても初めて聴いた音楽を演奏することができるなど様々な分野があります。

サヴァン症候群を理解するにあたって

発達障害や知的障害を持つ人が全員才能に恵まれているというわけではありません。

特異な才能を持つサヴァン症候群の人は自閉症で10人に1人、

知的障害では2000に1人と言われています。

サヴァン症候群の人は驚異的な才能を持っていますが、

普通の人が簡単にできること(身の回りのことや簡単な計算など)ができません。

よくアスペルガー症候群と比較されますがアスペルガー症候群は、

高機能自閉症とも言われていて知的障害ありません。

サヴァン症候群の能力とは

サヴァン症候群には様々な能力があります。

カレンダー計算や、映像記憶、音楽を聴いただけで演奏したり、

楽譜を書くことや写真のように細かい描写を再現して

絵にしてしまう能力など様々です。

ずば抜けた能力がある反面簡単な計算ができなかったり、

コミュニケーション能力が低いと言われています。

サヴァン症候群になる原因

Sponsored Link

サヴァン症候群になる原因は諸説があり特定されていません。

一般的には女性よりも男性が多く、自閉症の人に多く見られます。

脳の一部に障害があることが原因と言われています。

そして症状によってメカニズムが異なります。

コミュニケーション障害や自閉性障害のある人が

必ずこのような能力があるわけではありません。

はっきりと言えることは、

自閉症患者の10人のうち1にはサヴァン症候群に患者ということ、

脳損傷患者や知的障害者の2000人に1人である事。

サヴァン症候群に患者7人のうち6人が男性である事です。

サヴァン症候群の有名人がたくさんいるのです。

アインシュタインやエジソン、

モーツァルトやダヴィンチなど様々な分野で活躍し、才能を持っています。

まとめ

自閉症スペクトラムの中でもサヴァン症候群についてまとめました。

発達障害や知的障害を持つ人がある特定の分野を驚異的な才能を持つ状態で、

普通の人が簡単にできることはできないという点もあります。

しかし、全員がそうであるわけではありません。

有名人にもサヴァン症候群の患者はいます。

1つの分野に才能があると天才だと言われるので

その人の個性だという考え方もあるかもしれませんね。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です