子供の虫歯の治療を詳しく知りたい!乳歯にまつわる6つの事

きちんと歯磨きしていたのに

子供の乳歯に虫歯ができていたらショックですよね。

歯科検診では問題なかったのに

歯に穴が空いているのを見つけると甘いものを控えさせたのにとか、

どうして虫歯ができてしまったの?

など思うことがたくさんありますよね。

Sponsored Link

今回は、

『子供の虫歯の治療を詳しく知りたい!乳歯にまつわる6つの事』

として、

子供の乳歯の虫歯についての知識と治療法について紹介します。

子供の虫歯の治療を詳しく知りたい!乳歯にまつわる6つの事

6b576c6537e828b6ae04bbf396922a34_s

乳歯の虫歯の原因

乳歯の虫歯の原因は、

糖分や汚れによるものです。

牛乳や粉ミルク、

母乳、

甘い飲み物などに糖分が豊富です。

糖分が長い時間乳歯の付いていると口の中にある細菌が

食べ物や飲み物に含まれる糖分を使って歯を攻撃する酸を作ります。

乳歯に虫歯についての知識

乳歯の虫歯について知っておかなければならないことがあります。

1つ目は、

歯と歯の間にできることです。

虫歯ができやすいところは、奥歯の歯と歯の間です。

見た目はよくわからないので虫歯が進んでいても気がつかないことがあり、

突然穴が開いてしまうのです。

歯と歯の間を磨くときはデンタルフロスを使わないと汚れが残ってしまいます。

2つ目は、

乳歯の虫歯は黒ではなく白いことです。

乳歯の虫歯は大人と違って白いです。

なので気がつかずに進んでしまうことが多いです。

乳歯は進行しやすいので気をつけましょう。

3つ目は、

痛みが出にくいため虫歯になっていることが気づきにくいことです。

子供は痛みの感覚が未発達なので痛みに気づきにくいです。

虫歯の痛みよりも歯に食べかすが詰まって歯茎が荒れることで痛みを感じることが多いです。

また、痛みは引いたり、

出たりするので見過ごすことがあります。

なので歯を磨く際はよく見てあげましょう。

4つ目は、

tmp.pdf

食事の変化で進行が早くなることです。

成長するにつれて食べられるものが増えてきますよね。

また味覚も変わってくるのでミルクや母乳から離乳食、

おやつなど甘いものの味も覚えていきます。

甘いものをたくさん食べることで虫歯の進行がどんどん進んでしまいます。

5つ目は、

乳歯はエナメル質が薄いことです。

歯の表面には、エナメル質で覆われています。

しかし、乳歯のエナメル質は永久歯よりも薄く、

2分の1程度です。

虫歯になって歯が溶けてしまうと神経まで進んでしまいます。

エナメル質内だと再石灰化で治る可能性があります。

しかしその下まで行ってしまうと虫歯が広がってしまいます。

虫歯の治療法

Sponsored Link

虫歯の治療法は、進行状況によって異なります。

初期虫歯の場合は、歯を削ってフッ素を塗ることで治します。

おやつ習慣の改善や歯磨きの方法を変えてフッ素を塗り続けると元の歯に戻ります。

小さな虫歯の場合、神経に入る前に虫歯を取り、プラスチックで詰めます。

プリント

虫歯が神経まで広がってしまった場合、

虫歯が神経まで広がると神経を取ったり、切断します。

神経まで入ってしまうと永久歯の変色や歯並びが悪くなってしまうので

根の治療を行います。

根っこになった虫歯の場合、根の治療をして残します。

抜歯が必要な時は、永久歯の出てくるスペースを確保する装置を入れます。

予防方法として歯磨きの時に虫歯になりやすいところを磨くことや

デンタルフロスを行うこと、

フッ素入りの歯磨き粉を使ってエナメル質を強くする方法があります。

また、家族の中に虫歯の人がいる場合、

同じスプーンを使うと虫歯がうつってしまうので口の中を清潔にする必要があります。

まとめ

乳歯の虫歯についてまとめました。

乳歯の虫歯は痛みが出にくいので進行に気づかず歯に穴が開いてしまうことがあります。

乳歯は、永久歯よりも柔らかいのですぐに虫歯になってしまいます。

虫歯にならないためにも食事の後には歯磨きや口をすすぐ事や歯磨きの仕方、

フッ素入りの歯磨き粉を使うなどの工夫が必要ですね。

虫歯にならないためにも歯磨きの際は、子供の歯を確認しましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です