乳児の虫歯の初期症状を知って乳歯を守ろう!

赤ちゃんに歯が生えてくると嬉しくなりますよね。

しかし、虫歯にならないか心配になります。

これからたくさん生えてくる乳歯が虫歯にならないためにも

ケアはしっかりしたいですよね。

気をつけていても虫歯になってしまうことがあります。

Sponsored Link

今回は、

『乳児の虫歯の初期症状を知って乳歯を守ろう!』

として、

乳児の虫歯の初期症状についてまとめたいと思います。

乳児の虫歯の初期症状を知って乳歯を守ろう!

tmp.pdf

乳児はいつから虫歯になるのか。

生後6ヶ月頃から歯が生えてくる赤ちゃんがほとんどで

同時にミュースタンス菌が住みつく可能性があります。

ミュースタン菌は歯の表面につくもので生まれてから生えるまでは

虫歯にならないのです。

虫歯になる原因であるミュースタン菌は、

母乳や離乳食の食べかすに含まれている糖質を栄養分にして増えています。

虫歯の原因は、歯垢の中にあり

磨き残しがあると歯垢の中の細菌が糖をエネルギー源にして酸を作り、

歯の表面を溶かしてしまいます。

母乳を飲むこの方が虫歯になりやすいと言われています。

その理由は、母乳の飲み方や寝る前に飲んだり寝ながら飲むことにあります。

母乳の飲み方は、前歯に母乳がつきやすく、

飲みながら寝てしまう子もいます。

睡液が口の中を清潔にしてくれますが、

寝ている時は分泌量が減ってしまいますので寝る前に口の中を清潔にしないと

菌が繁殖してしまいます。

眠っている時に口の中が衛生的ではなくなることが原因となります。

虫歯の色は何色?

6b576c6537e828b6ae04bbf396922a34_s

虫歯というと黒色を想像しますが、乳児の虫歯は、白なのです。

白濁の状態を見つけるとそれは虫歯の初期段階になっているといいます。

白濁は、歯のカルシウムが溶け出し、

歯の透明感がなくなって白くなった状態をいいます。

歯の根元にできやすいのです。

初期段階の治療方法は、

虫歯の進行を食い止め、永久歯へ生え変わる時期を待ちます。

虫歯の進行を止めるもの

虫歯の進行を止めるためには、

フッ素を使用して酸が作られるのを防ぐ事や歯磨き、

デンタルフロスで綺麗に磨くこと。

おやつ習慣を見直すこと、定期的に検査をすることです。

歯医者さんでフッ素を塗ってもらうことのほかに、

市販のフッ素入り歯磨き粉やデンタルフロスを使うこと、

キシリトールタブレットを食べること、

仕上げ磨きをきちんと行うことをお勧めします。

乳児の場合は、ガーゼで拭いて口の中を清潔な状態にしておくことが大切です。

両親、家族が気をつけること

Sponsored Link

乳児からの虫歯を防ぐためには、

家族から虫歯菌をもらわないようにすることです。

菌の感染を防ぐためには、

両親の歯をケアしましょう。

箸やスプーン、歯ブラシなど自分が使ったものを赤ちゃんと共有するのは

虫歯菌の感染につながるのでやめましょう。

決まった時間に歯磨きをすることも大切です。

生活リズムが整ってくるので決まった時間に歯を磨くことで

歯磨きをすることを認識させます。

そして定期的に検査を受けに行って虫歯予防をしましょう。

まとめ

乳児の虫歯の初期段階についてまとめました。

初期段階の場合、白濁の状態で治療方法は、

治療をせずにフッ素や歯磨き、

フロスをすることで虫歯の進行を食い止めて永久歯へ生え変わる時期を待ちます。

進行しないためにも仕上げ磨きをきちんと行いましょう。

両親から虫歯菌に感染しないためにも箸や歯磨きの共用はやめましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です