子供が歯ぎしりをする原因はストレスではなかった!

子供が出ている時に『キリキリ』や『ギリギリ』など、

歯がこすれる音が聞こえたことはありませんか。

それは歯ぎしりでストレスの多い大人がすることがありますが、

子供にも見られることなのです。

子供の歯ぎしりもストレスによるものなのでしょうか。

Sponsored Link

今回は、

『子供が歯ぎしりをする原因はストレスではなかった!』

として、

子供の歯ぎしりの原因について紹介します。

子供が歯ぎしりをする原因はストレスではなかった!

6b576c6537e828b6ae04bbf396922a34_s

子供の歯ぎしりの原因とは

歯ぎしりは大人に見られるもので子供はしないと思っていませんか。

子供の歯ぎしりを見た人は驚いたと思います。

毎晩歯ぎしりをしている様子を見ると心配で病院に連れて行った方が

いいのか悩みますよね。

しかし、10歳までの子供の約40%が歯ぎしりをすると言われています。

5歳から10歳までの間は乳歯が抜けて永久歯が生えてくる頃です。

子供の歯から大人の歯に生え変わる時期によく見られます。

成長するにつれてアゴが大きくなり乳歯と乳歯の間に隙間ができます。

歯の噛み合わせが悪いため歯ぎしりすることで噛み合わせをよくするのです。

それだけではなく、アゴや筋肉の発達を促し鍛えることができます。

いろいろな食べ物を噛み砕くためにアゴや筋肉の力が必要になります。

歯ぎしりすることで力が鍛えられるのです。

歯ぎしりの治し方

099283

子供の歯ぎしりは成長に必要なので治さなくてもいいのです。

が、全てが乳歯から永久歯に生え変わっても

歯ぎしりが続くようでしたら治す必要があります。

歯ぎしりをすることで極端に歯がすり減ってしまいますし、

顎や歯を痛めてしまう恐れがあります。

マウスピース

歯ぎしりを治すのに効果的なのがマウスピースです。

歯の矯正をする時に使うマウスピースは歯ぎしりの予防もしてくれます。

健康保険が適用されて5000円で子供に合ったサイズを作ってもらえます。

通院は何回もすることがなく、

装着前と装着後合わせておよそ5回の通院になります。

マウスピースは、就寝前に歯に装着して使用します。

歯の矯正

Sponsored Link

2つ目は、歯の矯正です。

歯の噛み合わせや歯並びの悪さにより歯ぎしりをすることがあります。

歯を矯正することで歯ぎしりしなくなることがあるので歯医者さんに相談してみましょう。

リラックス、ストレスフリー

3つ目は、リラックスすることです。

上下の歯は約 2mmほど空いています。

上下の歯が接触していると緊張状態になりストレスが溜まり、

歯ぎしりの原因につながります。口元を緩めてリラックスしましょう。

そして最後は良く噛んで食べることです。

しっかり噛まずにすぐに飲み込んでしまう子供に歯ぎしりをする子が多いです。

食事をする時は、よく噛んで食べることで歯ぎしりを防止することができます。

また、自己暗示をかけることでも歯ぎしりは治ります。

歯ぎしりしなくても大丈夫と前向きな気持ちで考えたり、

歯を連想させる物を見たときに歯ぎしりを意識してやめる習慣をつけると

歯ぎしりが起こらなくなります。

まとめ

子供の歯ぎしりの原因についてまとめました。

ストレスを感じてしているわけではなく、

子供の成長に伴い顎が大きくなっていくので歯に隙間ができ、

噛み合わせをよくするために歯ぎしりをするのです。

歯ぎしりを止めるためにマウスピースや歯の矯正、

自己暗示をかける方法が挙げられています。

子供が歯ぎしりをしても慌てずに歯ぎしりをしなくてもいい方法を考えましょう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です