子供のいびきの原因や治し方を知って苦しみから救おう!

子供がたまにいびきをかいて寝ていることがありますよね。

穏やかないびきであれば心配ありませんが、

激しかったり、

息苦しそうにしていたら要注意です。

正直、

何科を受診すればいいのか悩みますよね。

Sponsored Link

今回は、

『子供のいびきの原因や治し方を知って苦しみから救おう!』

として、

子供のいびきの原因や治し方について紹介します。

子供のいびきの原因や治し方を知って苦しみから救おう!

4d2893f9e732226f96ff0ccb1627869f_s

子供のイビキについて

子供の約10%はいびきをかきます。

3歳から6歳の子供に多く見られます。

穏やかないびきの場合は心配ないですが、

いびきが激しかったり、

寝ている時に苦しそうな場合は、

幼児の睡眠時無呼吸症候群の恐れがあるので要注意です。

子供のいびきの原因は、

扁桃腺とアデノイドの肥大です。

扁桃腺とアデノイドが肥大することで上気道をふさいでしまいます。

上気道がふさがれてしまうことで呼吸がしづらくなり

睡眠中にいびきや無呼吸が見られるのです。

空気を取り込むことが難しくなると酸素が不足した状態になります。

いびきによって熟睡できないということは、

成長ホルモンの分泌の悪くなっていることになります。

また、物が食べづらくなるので水分をたくさんとります。

これによって偏食になったり、食が細くなってしまうことがあります。

扁桃腺とアデノイドと同じくらい多い原因として鼻の疾患が挙げられます。

中でもアレルギー性鼻炎や副鼻膣炎など鼻づまりをしてしまう

場合に口呼吸をすることがあるのでいびきや無呼吸の原因になります。

967

アレルギーの原因となるハウスダストやダニを増やさないためにも換気をしたり、

掃除をこまめに行う必要があります。

下顎が後ろに下がっていたり、

小さい人は、

下を支えているところが狭いので仰向けになった時に舌がのどの奥に落ちてしまいます。

そして気道が狭くなることでいびきが起こるそうです。

気をつけなければならない症状

子供が寝ている時に以下の項目の症状があったら

睡眠時無呼吸症候群の可能性があるので注意が必要です。

☆毎日大人よりも激しいいびきをかくこと。

☆呼吸が荒く、いつも口呼吸をしていること。

☆注意力や集中力がなく落ち着きがない

☆食事が遅い、食が細いこと。

☆呼吸が苦しくて寝返りを頻繁にすること。

陥没呼吸であること。

です。

いびきや無呼吸などで十分な睡眠がとれていないと

成長ホルモンが分泌されずに成長障害や発達障害など

成長に影響を及ぼします。

また、日中に頻繁に居眠りをする子供は睡眠時無呼吸症候群によって

寝不足になっている可能性があります。

いびきや無呼吸に気がついたら病院に連れていく必要があります。

子供のいびきの治し方

Sponsored Link

子供のいびきを病院で診てもらう場合は、

耳鼻咽喉科に行くことをお勧めします。

子供のいびきの治し方は、

慢性的に肥大した扁桃腺とアデノイドを取る手術を行います。

手術を行う場合は、

全身麻酔をするので1週間ほど入院しなければなりません。

アレルギー性鼻炎の場合は、鼻疾患の治療が必要です。

まとめ

子供のいびきの原因について紹介しました。

子供のいびきの原因は、

鼻づまりによるものや扁桃腺の肥大化などが挙げられています。

鼻づまりになるとどうしても口呼吸になってしまいます。

睡眠時無呼吸症候群にならないようにしっかりとした睡眠を確保し、

子供の様子をよく確認してあげることが大切ですね。気がついたら病院へ連れて行きましう。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です