乳歯(子供)が虫歯で穴が開いた時は削る治療方法しかない?

子供の乳歯が虫歯になり

が開いてしまっていたということはありませんか。

そんな時、虫歯の治療方法として虫歯を削る方法がありますよね。

しかし、虫歯を削ること以外にも方法があるのでしょうか。

Sponsored Link

今回は、

『乳歯(子供)が虫歯で穴が開いた時は削る治療方法しかない?』

として、

虫歯で穴が開いた時の治療方法を紹介します。

乳歯(子供)が虫歯で穴が開いた時は削る治療方法しかない?

099283

乳歯の虫歯治療について

乳歯の虫歯の治療をする時に

2歳や3歳の小さい子供や6歳くらいの子も来ます。

年齢が大きくても歯医者さんが怖いと思っている人もいます。

そこで歯医者さんは、

怖いと思ったり、

泣いてしまう子供にストレスを感じさせないように

治療をすることを心がけています。

現在は減ってきましたが、

泣いて治療を嫌がる子に対しては、

その子がもう少し大きくなってから嫌がらずに治療を受けられるようになる

下準備を行うのです。

大きくもなく、

小さくもない虫歯があるとして、

その子は歯医者さんにくるのが初めてです。

様子を見て問題がない場合は、治療を行いますが、麻酔の使用はしません。

虫歯の治療は削るというイメージがありますが、

虫歯を削る器械を嫌がって口に入れることができず、

ミラーやピンセットなどの手用器具が平気な場合は、

スプーンエキスカーペーターと呼ばれる小さな耳かきみたいなもので虫歯を取り、

樹脂をつめます。

137381

手用器具を口の中に入れることも嫌がる子の場合は、

虫歯をほとんど取らずに樹皮をつめます。

乳歯の虫歯は、小さな虫歯の場合除去します。

虫歯が大きくなり、麻酔なしでは痛みを感じる場合、

痛みを感じずに取れるものしか取りません。

このように行える理由は、

虫歯を削った穴に樹皮を詰める時に樹皮と歯をくっつけるための接着剤をつけます。

接着剤の中に抗菌物質が入っているので虫歯が少し残っていても問題ありません。

この方法は、虫歯をずべて取り除くことにこだわり子供が痛みを感じるよりは、

少し残しておいても痛みを感じない治療の方法を行った方がいいと考えられます。

では、虫歯の大きさによってどのように治療法が違うのでしょうか。

フッ素

Sponsored Link

なりかけの虫歯の場合は、

フッ素を塗って予防することで自然に治ることがありあます。

フッ素を塗ることだけではなく、

歯磨きをきちんと行うことで虫歯を予防することができます。

次に、小さな虫歯の場合、

歯と同じ色の詰め物をして治療を行います。

その詰め物とはレジンというもので、専用の光を照らすことで硬化します。

そして大きな虫歯の場合は、神経まで到達する場合もあります。

そんな時は、神経を取り除く治療を行いましょう。

取り除いた後は、白い詰め物を詰めて治療が終わることもあります。

大きな虫歯で永久歯に影響が出る場合は、歯を抜いてしまいます。

乳歯が生えてくるのは生後8ヶ月くらいです。

1歳から虫歯になってしまう人もいますが、

1歳や2歳で虫歯の治療を行うことはできません。

治療ができないので虫歯の進行を防ぐ専用の薬を歯に塗って

虫歯を大きくしないようにします。

まとめ

乳歯が虫歯になった時の治療法について紹介しました。

歯医者さんに行っても初めてのお子さんは、

歯を削る機械の音も怖がると思います。

そこで怖がらないためにも削るということをせずにきれいにとって

樹脂を詰めた方がいいのかもしれません。

子供の虫歯を発見した時は、歯医者さんに行って虫歯の治療については、

お子様に合わせた治療方法がいいと思います。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です