【子供とお出かけ関東版】藤子・F・不二雄ミュージアム川崎

小さな子供を連れて行くとしたら

広くて安全で楽しく遊べる場所がいいですよね。

そんなときにオススメなのが神奈川県川崎市にある

藤子・F・不二雄ミュージアム川崎です。

ドラえもんでおなじみの藤子・F・不二雄さんの作品が

たくさんあり大人から子供まで楽しめるとおもいます。

Sponsored Link

今回は、

子供とのお出かけ関東版、

藤子・F・不二雄ミュージアム川崎について紹介します。

d1e949d1646a100c140407224ec4d2dc_s

藤子・F・不二雄ミュージアム川崎の施設紹介

このミュージアムでは、

藤子・F・不二雄さんの優しい想いに触れることができます。

描かれた原画を中心に発想の原点を探ることや

漫画の面白さを知ることができます。

原画の展示や藤子・F・不二雄の描いた漫画を

読むことができるところや

ここでしか見られない映像を見ることができる

シアターやキャラクターたちがいるはらっぱ、

キャラクターをイメージしたメニューがある

カフェやキャラクターグッズが販売されているショップなどたくさんあります。

展示室

一つ目に紹介するのは、展示室です。

展示室には、藤子・F・不二雄さんが描いた原画が展示されています。

その作品のなかには、

ドラえもんやパーマン、

キテレツ大百科などがあります。

エントランスホールと藤子・F・不二雄さんの部屋

2つ目は、エントランスホールと藤子・F・不二雄さんの部屋です。

笑いの壁と名付けられた白の壁に

キャラクターたちのレリーフが刻まれています。

天井には、青空が広がっていて雲の形に特徴があります。

また、藤子・F・不二雄さん愛用の机が展示されていて頭上には、

巨大な本棚がありたくさんの資料があります。

どうぶつたちの部屋

3つ目は、どうぶつたちの部屋です。

切り絵の作品をもとにしたどうぶつのオブジェがあり、

どこでもドアを抜けると展示室に行くことができます。

先生のにちようび

4つ目は、先生のにちようびです。

家庭人としての藤子・F・不二雄さんの思い出がたくさんあり、

父親としての愛情あふれた日々を感じることができます。

他には、不思議体験ができる場所や、

藤子・F・不二雄さんが描いた漫画を自由に読むことができます。

どら焼きを食べながら漫画を読むドラえもんが待っています。

そして小さなお子様が遊ぶことができる場所があり、

安全性に配慮されています。

ちなみにキッズスペースは、未就学児のみとなっています。

また、館内でしか見ることができないオリジナル作品が上映されます。

ここでしか見ることができないので期待が高まりますね。

館内で注目してもらいたいのが表示です。

トイレやロッカー、エレベーターなど可愛い表示がいっぱいです。

ミュージアムの外では、

藤子・F・不二雄さんの漫画で

おなじみのキャラクターたちに会うことができます。

のび太たちが集まる空き地の土管にドラえもんがいたり、

どこでもドアがあったり、

きこりの泉では、きれいなジャイアンを見ることができます。

ミュージアムカフェに行くと

キャラクターをイメージしたメニューやキャラクターの顔を描いてくれる

ラテマキアートなどがあります。

どれも可愛いので見て、食べて楽しめます。

手軽に食べられるテイクアウトコーナーもあります。

また、ミュージアムショップでは、

ミュージアム限定のオリジナルグッズが販売されています。

藤子・F・不二雄さんのファンにはたまりませんね。

入館時間

Sponsored Link

入館時間は、

10時、

12時、

14時、

16時の

4回となっています。

閉館時間が18時なので10時や12時から入った人は

長い時間過ごせますね。

チケット販売は、ローソンで行っています。

10時のチケットは即完売だそうです。

混んでいない時間を選ぶなら平日を狙った方がいいかもしれません。

まとめ

神奈川県、

川崎市の藤子・F・不二雄ミュージアム川崎を紹介しました。

藤子・F・不二雄さんの温かみのある展示品や楽しい漫画は、

今でも子供から大人までドラえもんやパーマン、

コロ助の漫画を読むことができるのは、

ファンにとっては嬉しいですよね。

これらの漫画を知らない子供たちも

知っている子供たちも楽しむことができると思います。

是非行ってみてください。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です