【子供とお出かけ関東版】ゲーム感覚で理数体験リスーピア

子供とお出かけするときは

思いっきり遊ぶことができるテーマパークを選びますよね。

テーマパークもいいですが、

体験学習ができるところに行ってみませんか。

Sponsored Link

そこでオススメなのがゲーム感覚で履修体験ができるリスーピアです。

今回は、子供とお出かけ関東版、リスーピアについて紹介します。

【子供とお出かけ関東版】ゲーム感覚で理数体験リスーピア

4d2893f9e732226f96ff0ccb1627869f_s

リスーピアってどんなところか。

リスーピアは、パナソニックセンター東京で、

東京都江東区有明にある施設で、

算数や数学、

理科の原理や法則を学ぶことができ、

面白さや素晴らしさを体験することができます。

理科や数学は難しいというイメージがあり

関心が薄れてきています。

昔は、理数力が高かった日本は、

年々低くなってきているのです。

理数力の低下を防ぐためにそして興味や関心を持ってもらおうと

リスーピアを開設しました。

リスーピアの施設を紹介します。

施設がいくつかあります。

クエストフロア

クエストフロアでは、不思議な展示品があります。

このフロアでは、実際に展示品に見て、

触ることで数学や物理の法則を学ぶことができます。

この法則が日常のどんなところで使われているかを知ることができるのは面白そうですね。

目盛りがなくても立体の体積を量ることができるものがあります。

1杯600mlの升で100mlを図ります。

満杯になった水から100mlにする方法を実演してくれます。

6分の1にするのは難しいですよね。

ケプラーの法則

次は、ケプラーの法則です。

ケプラーの法則は、いろんな位置からボールを転がし、

どのような動きをしながら穴に落ちるのか見ます。

ボールは、穴の周りをグルグルと回り、楕円を描きます。

クエストロライブラリー

3つ目は、クエストライブラリーです。

画面に触れてスカと数学の演習問題にトライします。

ゲーム感覚で行えるので小学校低学年の子供から楽しめます。

問題を解くに連れて難しくなっていきます。

問題は、

植物やエネルギー、動物など、

数学は、展開図やパズルなど頭を使う問題がいくつかあります。

他には、

地球儀を回しながら科学者や数学者のことを知ることができるものや、

スクーリーンに映し出された図面を作るものなどがあります。

続いて3階のフロアも紹介します。

Sponsored Link

3階のディスカバリーフロアでは、

見て、触れて、理数の不思議を旅しようというのを

コンセプトに楽しむことができます。

スマートフォンのような端末とイヤホンを持って中に入ります。

スマートフォンからは、

館内の展示の詳しい説明などを聞くことができます。

ディスカバリーフィールドでは、

シューティングゲームで関数の式を学ぶことができたり、

ブロックを使ってボールをゴールまで誘導させる

エネルギーをテーマにしたゲームも人気です。

他には、素数以外の数を打ち替えるエアホッケーや

理科や数学のストーリーを3Dで楽しむことができるもの、

大きなスクリーンのキャンバスに塗り絵ができるものもあります。

ちなみに3階のフロアは、

高校生以下は無料、大人は500円となっています。

ゲーム感覚で理科や数学の不思議を学べるのは楽しそうですね。

興味や関心を持つ人が増えると思います。

まとめ

子供とお出かけ関東版、リトーピアについて紹介しました。

理数体験ができるリトーピアの魅力が伝わってきましたか。

ゲーム感覚で学ぶことができるので楽しくてもっと勉強したいと

興味を持てると思います。

勉強したいという人は、

体験後にメンバーカードを発行してもらえるので

自宅のパソコンで復習することができます。

理科と数学に興味を持ってくれる人が増えるといいですね。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です