育児で旦那にイライラする解決法は?話し合うことが大事かも

育児で旦那にイライラする解決法は?話し合うことが大事かも

今回は、

岐阜県にお住いの、ニックネームNさん。

30代のご夫婦です。

お子さんが男の子2人。

Nさんは、以前は育児ストレスがかなりあったようですが、

旦那さんとあることをしてから徐々によくなっていったようですっ

では、Nさんのストレス解決法の秘密のつぶやきを

聞いてみましょう♪

Sponsored Link

N・Sと申します。

夫婦とも現在30代、岐阜県在住です。

子どもは男の子が2人、長男は6歳、次男は3歳になります。

上の子の育児はとにかく「初めて」尽くしだったので、

毎日がストレスでした。

私は公務員で育児休業等に関しては問題なく、

実家も近くでしたので実母からの手助けも得ることができ、

比較的恵まれた環境にあったとは思っています。

しかし、長男は癇の強い子で、

日中に遊ばせても夜泣きがおさまらず、

離乳にもてこずり、手のかかる子でした。

あまりに泣きじゃくる姿を見て、

自分も泣きたくなったこともしばしば。

夫は仕事で夜遅くに帰宅、

そのまま入浴して就寝しているのを見ると

「カぁ~っっ!!」と頭に血がのぼりそうになり…。

でもなじってはいけないと我慢の連続。

「初めての子育て」はストレスフルで、

なかなかスムーズにはいきませんでしたね。

Sponsored Link

でも次男が産まれたときは二人とも慣れたもので。

性格の違いも小さいうちからよく分かりました。

次男は穏やかで言うことをよく聞いてくれる素直なタイプ。

長男のような癇癪はまったくなく、とても育てやすい子でした。

同じ子なのにこんなに違うのかとびっくりです。

夫も私がお願いすると積極的に手伝ってくれるようになり、

会話してみると

「やはり最初はどうしていいのかわからないときもあった」と。

同じように感じていたんですね。

育児ストレスを抱えて、

一人で全部を背負ってしまうお母さんにはぜひ、

旦那さんとよく会話することをおすすめしたいです。

案外、感じていることは同じかもしれませんよ。

男女の違いはどうしてもありますから、

母になった女性が敏感に肌で感じる子育ての大変さと、

変わらず仕事をして外の世界とつながっている父親の思考には差があって当然です。

ストレスを発散するなら、

可能な範囲で「夫婦一緒に」できることが効果的

一緒に散歩する、ウォーキングする、美容院も一緒に行くとか。

あんまり日本の夫婦はしないですけど、

子どもを預けてご飯を食べに行くことだって全然「アリ」だと思います。

会話しなくなるからストレスがたまり、

相手への不満が一方的にたまるのなら旦那さんもかわいそう…。

もちろん時には一人で発散もいいですけどね!! 

大変な時はあまり長くは続きません。

子どもはやがて大きくなっていきますし。

上手にストレス発散して、笑顔のママでいたほうが、

子どもにも絶対いい影響を与えると思いますよ♪

Nさんご夫婦は会話をたくさんすることによって

お互いをわかりあえて、同じ悩みを抱えていたと共感できたことが

夫婦ふたりで、楽しく育児をしていくきっかけになったようですねっ

育児中でも、とてもいい関係のご夫婦もいるというのが

こころがホッとしますねっ

会話ってしているようでしていないんですよね。

二人でランチにでかけて、きっかけをつくってみるのもいいですねっ

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です