育児ストレス*手はボロボロ荒れて疲れは限界!の日々だった

育児ストレス*手はボロボロ荒れて疲れは限界!の日々だった

今回のママさんは、

小学生のお子さん2人。

過去、振り返ると想像を超えるほどの育児ストレスの日々を

送っていたようです。

お子さんはなんと『年子』ということで、

めまぐるしい日々を今思い出すだけでもぷるぷる身体が

震えそうですね。。

では、年子ママさんの子育ての思い出つぶやきを

見てみましょう。

Sponsored Link
                

私には年子の女のコが2人居ます。

と言うと何だかほんわりしたイメージだけが先行するみたいですが

勿論それは大間違い!

今でこそ小学生になり

自分で起きてご飯を食べて学校へも行ってくれますが

小さい時は本当に本当に毎日今以上のストレスを感じて

育児をしていたと思います。

まず2人目が生まれれば、

長女は赤ちゃん返りをするところから(泣)

オムツは常にSとLを交互に変える生活…

手荒れで手はガサガサ、

美容院へ行く暇もなく、

終わりのないトンネルを毎日毎日彷徨っていたような記憶しかありません。

旦那は平日は朝7時には出社帰りは10時、

土日は疲れた疲れた言って手伝ってなんかくれませんでしたね。

幸い実家に通える距離だったので母だけが頼りでした。

休職していたので復職へのストレスや

不安も睡眠不足も全部実家で補っていたあの頃でしたが

今思えば年子はお金も勿論労力もスーパースピードでいるけれど

楽しい育児時間だったと思います。

旦那には、

あの育児期間の頃のストレスは今も恨みとなって勿論覚えていますよー

Sponsored Link

やっぱり、年子の子育ては壮絶ですね、、

双子より大変だって聞きます。。

予防接種のタイミングが違うのが思った以上に大変のようです。

確かに、2歳位まで予防接種ラッシュですよね。

年子だと、毎月どちらかで病院に言ってる感じになります。

もう、今はお子さんたちも小学生になっていて、

随分手が離れて、前ほど手間はかからないようで、

少しほっとする時間ができましたね。

ただ、壮絶だった子育てを振り返った時に、

旦那さんの行動が今でもイメージが悪いのを思い出されるようです。

この時期に、どれだけ奥さんを大事にしてくれたかで、

その後の夫婦関係も全然変わってくるのに、

旦那さんたちはコレに気づかず過ごしているんですね。。

あとが、怖い怖い。。

わたしのまわりでも、育児中の旦那さんへの恨みつらみは、

いつになっても、話題の中心。

誰も、忘れてはいません。。

旦那さんたちへ、育児中奥さんを大事にしてあげましょう!

その後、その分、いえいえその何十倍も今度は旦那さんが

大事にされますよ♪

→育児ストレス*旦那の帰りが遅い!過食が止まらずデブになる(T_T)

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です