母親の私がインフルエンザに感染|今までそしてこれからの対策方法②

母親の私がインフルエンザに感染|今までそしてこれからの対策方法②

母親の私がインフルエンザに感染|今までそしてこれからの対策方法

母親だってインフルエンザにかかってしまいます。人間ですからね^^

なぜか、母親は最強だと思われがちです^^;

前回に引き続き5人のママさんたちにインフルエンザに罹ったときのことについての

体験談をお聞きしました。

インフルエンザの対策や予防と言えばマスクは絶対ですよねっ

最近は、乳酸菌やマヌカハニーも効果があるとよく聞きます。

やっぱり、身体の中からしっかり対策をして置くことがが理想的です。

では、早速体験談を聞いてみましょう。

Sponsored Link

下記の7項目をお聞きしました↓

①お住いの都道府県、イニシャルORニックネーム 年齢

②インフルエンザにかかった時期 例)2018年1月

③症状 例)嘔吐、高熱39度 など

④何が一番辛かったですか? 例)隔離された、一人暮らしで頼る人がいなかった など

⑤インフルエンザ対策をしていたこと 例)マスク、手洗い など

⑥これからどんな対策をしたいですか? 例)うがい、乳酸菌摂取 など

⑦冬に気になるカラダの症状 例)乾燥肌、のどがいがらっぽい など

インフルエンザの症状や対策と予防などの体験談

Y.Aさん
①千葉県 

②2017/2月

③高熱39度台、頭痛、風邪の症状

④平熱は35度台なので、高熱で体がだるすぎるのがつらかった。3日目あたりに熱が下がったと思ったら、夕方にまた発熱をしたこと。

親子ともども、予防注射を受けていたのに2人してかかったので、予防注射の出費が痛かった。

⑤手洗い、うがい、予防接種

⑥手洗い、うがい、外出時のマスク

⑦起床時ののどの乾燥(痛み)

子供が保育園に行っているので、病気を貰ってきやすく、今回のインフルエンザもそうでした。

子供の手洗いや体調管理をしっかりしていきたいと思います。


RNさん
①埼玉県 30代

②2015年6月

③高熱(39-40度以上の熱が続く)

④病院に行ってインフルエンザだとわかるまで、解熱剤を飲んでみたものの熱が下がらず頭がふらふらした。処方された薬を飲んでも、数日は症状が変わらず高熱があんなにも苦しいことを改めて実感した。

⑤予防接種以外は、風邪対策として手洗いうがいは毎日していた。

⑥予防接種

⑦乾燥肌と異常と言われるくらいの寒がり。

Nさん
①大阪府  24歳

②インフルエンザにかかった時期:2016年 12月

③症状:関節の痛み、高熱39度

④旦那は激務でほとんど家にいなく、実家も遠いので看病をしてくれる人はいませんでした。でも小さい子供がいたので、子供のご飯は作って食べさせてあげないといけないし、お風呂にも入れてあげないといけないのが本当に辛かったです。

⑥これからは毎年予防接種をきちんとうけ、手洗いうがいをしっかりするようにしたいです。

R・Aさん
①福岡県 30代 女性 

②インフルエンザにかかった時期は2017年4月ごろです。

③症状は嘔吐、高熱39度、倦怠感です。

④家族が住んでいるので、うつさないようにするのが大変で家事もできない状態でした。

⑤インフルエンザにかからないように予防接種をしました。マスクとうがいもしたほうがいいと思います。

⑥免疫を付けるために乳酸菌をとろうと思っています。

⑦肌とのどの乾燥です。

まゆみさん
神奈川県在住のまゆみ(30歳)と申します。2014年12月にインフルエンザにかかり、38.6℃の熱と酷い関節痛に悩まされました。産後すぐだったので、新生児と引き離され隔離された事、発熱中は授乳が出来ずに乳腺炎を併発した事が辛かったです。流行期は消毒液の噴霧やマスク掛けを意識して行いました。今後は家族皆で予防接種を受け、室内の湿度管理を徹底する予定です。冬は外気と内気の温度差で喘息の持病が出やすい事が気になります。

Sponsored Link

インフルエンザの症状はほとんどの方が高熱と関節痛が多いです。

高熱も関節痛さらに吐き気がが重なったら、もう耐えられないくらいつらいですね。

予防や対策が大事なのがとてもわかります。

小さい子供がいるママ達のインフルエンザ体験

★3歳と5歳の子の母親です。なんだか体がだるく熱っぽかったので病院で診てもらったら今インフルエンザが流行っているので検査しましょうと言われ検査しました。すると見事にインフルエンザ陽性。子供達も写ってるんではないかとドキドキしていたので一緒に検査してもらいました。でも子供二人は陰性でした。検査が終わった時点でもう子供達に近づくのは良くないと思い接触しないよう過ごしました。次の日には体の怠さがひどくだんだん高熱になり関節痛がつらくて子供のことを考える余裕が全くありませんでした。たまたま主人の仕事がそんなに忙しくなく数日休んでくれたので助かりました。家族がインフルエンザになったら必死で面倒を見ようと覚悟ができました。

★保育園に通っている子供の母親です。保育園は家族がインフルエンザにかかると子供がもしインフルエンザにかかっていなくても預かってもらうことができません。なのでインフルエンザにだけには絶対かかるものかと気をつけていたんですがまんまとかかりました。その日からもう家の中はひっちゃかめっちゃかどうやって過ごしたか正直覚えてないくらいです。来年は絶対かかりたくないのでインフルエンザの予防に良いと言われていることをいろいろ試すつもりです。とにかく乳酸菌はしっかり取ります。

★小学生の母親です。インフルエンザにかかったときのことです。本当に何もできません。子供が赤ちゃんの時にインフルエンザになっていたらどれだけ大変なことだったかと体調が悪いながら頭の中でこんなことを考えていました。もう小学生になると人の気持ちも分かるような年頃なのでわがままとか全く言わなかったです。それどころかとても気にかけてくれて嬉しかったです。

まとめ

インフルエンザはできるだけというか絶対かかりたくないです。

一度なったらもう大丈夫ということがないから毎年期が抜けません。

冬になる前から対策予防をがんばりましょう。

⇨インフルエンザにいいといわれている『乳酸菌』『マヌカハニー』はコチラから

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です