とびひの薬でリンデロンやゲンタシン以外に処方される治療薬は?

とびひの薬でリンデロンやゲンタシン以外に処方される治療薬は?

とびひにはガーゼが一番?絆創膏やキズパワーパッドがダメな理由

とびひかも?と思ったらすぐに病院で診察してもらいましょう。

とびひは最初のケアがとても肝心です。

お子さんは患部を触った手でまたあちこち触ってしまうので、

広がりやすいです。病院に行く前にガーゼを当てておくのも一つの手ですね。

今回はとびひになった時に病院で処方してくれる治療薬について

実際にとびひで受診したママ達の体験談をご紹介します。

症状は人それぞれで処方される薬もちがうので、

あくまでも参考として

ご覧くださいね。

では、早速ママさん達の体験談を聞いてみましょう

Sponsored Link

ママさんたちには下記の11項目をお聞きしました↓

①お住いの都道府県 年齢or年代 イニシャルORニックネーム

②お子さんの現在の年齢

③お子さんが何歳の時にとびひに感染しましたか? 

④何月もしくは季節を教えてください 

⑤どのような症状でしたか? 例)水疱タイプ 

⑥完治するまでどのくらいかかりましたか? 例)1週間 

⑦園もしくは学校は休みましたか? 例)はい、3日間 など

⑧感染理由はわかりますか? 例)お友達からなど

⑨薬(処方もしくは市販)の名前を教えてください 

⑩お子さんの体質 例)乾燥肌など

⑪とびひ以外で、今までかかった感染症 

とびひはつらい。。。処方薬や症状などの体験談

葉月さん
島根県 40代 息子は今5才、年中ですが、2年前の3才の夏にとびひにかかりました。お友達から感染したようで、股の内側の虫刺され部分が広い範囲に化膿し、汁がでていました。足の至る所に広がり、水泡ができました。皮膚科に行き、キンダベートを処方していただきましたが、とてもひどかった1週間は保育園をお休みしました。キンダベートのおかげで3週間で完治しましたが、最後まで虫刺されのじくじくが治らず心配しました。息子は乾燥肌タイプです。とびひ以外ではインフルエンザにかかったことがあります。


有朋さん
①茨城県・30代

②5歳

③3歳

④9月

⑤かさぶたタイプ

⑥2週間

⑦休みませんでした

⑧体に出来た虫刺されを掻きくずして

リンデロン

⑩敏感肌

⑪インフルエンザ・溶連菌・手足口病


m.nさん
①熊本県、40代

②3歳

③2歳

④4月

⑤水疱タイプ

⑥3週間

⑦いいえ、園には入園してませんでした。

⑧あせもで痒くなり、かきむしりから悪化した。

フシジンレオ軟膏

⑩普通肌

⑪インフルエンザ、RSウィルス

まみたんさん
①大阪府 40代 

②10歳

③6歳 小学校1年生

④6月 初夏

⑤かさぶたタイプ

⑥1ヶ月

⑦欠席はしていません。

⑧スイミングで、お友達に引っ掻かれた傷から。

⑨最初、リンデロンを処方されたがひどくなり、別の皮膚科でテラジアパスタホスミシンエバスチンOD錠を処方されました。

⑩敏感肌

⑪溶血生連鎖球菌


S.Iさん
①栃木県 30代 

②5歳

③2歳

④8月

⑤じゅくじゅくして皮がむけるタイプ

⑥2週間 

⑦園には入る前でした、習い事は1週間休みました

⑧あせもをかきむしったこと

デルモゾール軟膏

⑩乾燥肌

⑪特にない

とびひの治療薬としてよく聞くのが

『リンデロン』や『ゲンタシン』

でも、その他にもお子さんの症状に合わせた

色んな薬が処方されます。

今回のママ達が処方された薬が

・キンダベート

・フシジンレオ軟膏

テラジアパスタ

・ホスミシン

・エバスチンOD錠

・デルモゾール軟膏

という名前が出てきました。

薬もたくさんあるのでお子さんの症状にあった薬が

すぐに処方されると助かりますよね。

なかなかうまくいかないことも多いですが、

あきらめずに治るまでふんばりましょう。

Sponsored Link

とびひで体験したママ達の声 悩みがつきません。。。

お子さんがとびひになることで、色んな悩みを経験したことがある

ママ達のお話を集めてみました。

★3歳の子供がいます

先日から脇の下ににとびひが沢山出来てしまい、皮膚科を受診しました。

その時、熱はなかったんです。でも今日急に38度の熱が出てしまいました。

とびひの部分は綺麗に完治しています。とびひと何らかの関係があるのかなと調べていたら蚊に刺されてからとびひになり熱を発症したという人がいました。

でもその方は病院で発熱はとびひとは関係ないと言われたそうです。

まれにとびひの原因のブドウ球菌から熱が起こることもあるそうですが、うちの子はとびひが完治しているということであればとびひとは関係ないだろうなと結論付けました。

★とびひにかかっている子供のママから遊びの誘いをもらってどうしようか悩んだことがありました。とびひは絶対にうつるものではないとは知っていますが、うちの子供はお肌が弱いんです。とびひとわかっていてそのお友達と遊ぶことによってもしうちの子がとびひになってしまったらと考えるとどおしても躊躇してしまいます。こんなに気になるならやっぱり遊ぶのは止めようと思いお断りしました。遊んだとしても気になって気になって楽しくなさそうだと思ったので。

★健康な人の皮膚のバリアはとても強いのでとびひの子供と一緒に遊んだ程度ではそんなに簡単に感染しないと聞きました。とびひは学校感染症指定にはなっていません。でも自分の子が原因でもしお友達がになってしまったらと思うと学校を休ませようか悩んでしまっています。本人もとびひの症状を気にしているので休ませるのが一番かなと思いやっぱり休ませよーと思います。

★とびひの様な症状が日に日にひどくなってしまったので小児科に行こうか悩んでいてやっぱり皮膚科の方がいいのかな?とママ友に聞いたら、とびひの子供小児科に通ってるの見たことがあると教えてもらいやっぱりいつも通院している小児科にいきました。普通に見てもらいましたが、やっぱり皮膚科の方がよかったのかなと悩んだりしています。

★うちの子はガーゼとかバンドエイドなど身体に何かを張ることをとても嫌がります。今回とびひになりガーゼで覆うようにと言われ患部にガーゼを貼ったところすぐに剥がされました。

幼稚園としてもとびひがある子はガーゼをして欲しいだろうと思い園をお休みすることにしました。

★うちの子はとびひになり飲み薬と塗り薬を処方してもらえました。数日で良くなりました。友達のお子さんも同じタイミングでとびひになり病院を受診したところ塗り薬のみの処方だったようですぐに良くならなかったようです。飲み薬があった方が治りが良いのかもしれませんね。

まとめ

夏になると悩まされる『とびひ』。

親になるまで皮膚の病気でこんなに悩むとは気づきませんでした。

育児の一つの勉強として、上手に向き合っていきたいですね。

Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です